白髪染め ロングランランキング

白髪染め ロングランランキング

白髪染めロングランランキング

多くの商品が日々発売されている白髪染めですが、特にトリートメントタイプの白髪染めについては、多くの新商品が発売されているものの、すぐに発売を取りやめてしまう商品も多くあります。
そんな中で、長期間販売され、多くの人に利用されている商品もあります。
ロングラン商品は、やはり他とは異なるよいところがあり、多くの人に利用されているのだと思います。そんなロングラン商品をここでは紹介したいと思います。

1位

レフィーネ
ヘッドスパ・トリートメントカラー

レフィーネ ヘッドスパ

コメント

レフィーネは2006年から販売を開始し、トリートメントタイプの白髪染めを世の中に広めた商品です。販売開始以降、多くのバリエーション商品が発売されていますが、現在は、この「ヘッドスパカラートリートメント」が主力の商品になっています。
トリートメントタイプの白髪染めを長く開発し続けているレフィーネ。長年愛用している人も多く、商品として安心して利用できる白髪染めです。

詳しく見る

2位

Sastty
利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

コメント

利尻昆布成分(フコイダン)を配合し、潤いを与えながら白髪を染める白髪染めとして、大ヒット商品となったトリートメントタイプ白髪染めです。ブームの火付け役として、シリーズ累計2000万本販売しています。利尻ヘアカラートリートメントのヒットにより、昆布成分が配合された白髪染めが多く販売されることになりましたが、今でもロングラン商品として残っているのは数商品であり、その1つとして今でも多くの人に愛用されています。

詳しく見る

3位

ルプルプ
ヘアカラートリートメント

白髪染め ルプルプ

コメント

利尻ヘアカラートリートメントと同様に、昆布成分(ガゴメ昆布)を配合した髪と地肌に優しい白髪染めです。利尻ヘアカラートリートメントよりは後発ですが、商品の完成度の高さで、発売以降売れ続けている白髪染めです。本サイトの総合評価でもNo1になっていますので、トリートメントタイプの白髪染めを使うのであれば、一度は使ってみるべき白髪染めです。

詳しく見る

4位

ナチュリア
ナチュリア プラチナムヘアカラートリートメント

白髪染め ナチュリアプラチナカラー

コメント

ナチュリアプラチナヘアカラーの最大の特徴は、8色のカラーバリエーションです。また色混ぜ可能で自分のオリジナルカラーを作ることが可能です。このカラーバリエーションは、レフィーネに似ていますが、プラチナ(白金pt)を配合することにより、独自性を出しています。
他のロングラン商品のように大々的なプロモーションはしていないものの、未だに利用者が多く、長く売れ続けている白髪染めトリートメントの1つです。

詳しく見る

5位

SARAVIO
くろめヘアカラートリートメント

白髪染め くろめヘアカラートリートメント

コメント

くろめヘアカラートリートメントもくろめ昆布成分を配合し、髪、頭皮には優しい白髪染めです。他の白髪染め商品と異なり、黒いパッケージが印象的で、男性の利用も抵抗感がありません。知名度的にはやや地味なのですが、この商品は頭皮のへ優しさはかなり優れており、髪、頭皮へのダメージが気になる人を中心に、意外と長い間売れ続けている商品です。

詳しく見る

メンズ向け白髪染めランキング

メンズ向け白髪染め

白髪染めは基本的には、メンズ、レディース共用なため、全ての白髪染めを男性も利用することができます。ただし、男性の場合は、女性より髪質が硬い方も多いのと、また、より頭皮の状態を健やかに保ちたいという思いもある方もいらっしゃると思いますので、タイプ別に向いていると思われる白髪染めをまとめてみました。

髪、頭皮への優しさを重視

髪、頭皮の状態が気になる方は、なるべく髪頭皮に負担をかけない白髪染めがおすすめです。

やさしさ重視1

SARAVIO
くろめヘアカラートリートメント

白髪染め くろめヘアカラートリートメント

特徴

傷んだ髪を補修する白髪染め
痛んだ髪を修復するアミノとくろめ昆布成分で髪、頭皮には優しい白髪染めです。

評価

染毛力
A
コスト
A
成分
A+
カラー数
B
使い勝手
A
痛んだ髪を修復するアミノとくろめ昆布成分で髪、頭皮には優しい白髪染めです。染毛力は他の白髪染めよりはやや物足りない感じもしますが、頭皮のへ優しさはNO1かもしれません。髪、頭皮へのダメージが気になる人にはおすすめです。
また、SARAVIOのM-1育毛シリーズと合わせて使うことで、より効果が期待できるかもしれません。

詳しく見る

やさしさ重視2

ルプルプ
ヘアカラートリートメント

白髪染め ルプルプ

特徴

育毛にも配慮した白髪染め
ルプルプは、LPLPとタカラバイオ株式会社が共同で開発した、髪・頭皮へのやさしさ、ヘアケアを重視したトリートメントタイプの白髪染めです。

評価

染毛力
A+
コスト
A+
成分
A+
カラー数
B
使い勝手
A
保湿成分による頭皮へのいたわりから育毛ケアへという商品コンセプトは優れていて、また、コストパフォーマンスも初回購入の場合は、主要なトリートメントタイプの白髪染めの中では一番よいこともあり、総合評価は最も高く、おすすめの白髪染めです

詳しく見る

やさしさ重視3

POLA
グローイングショット カラートリートメント

特徴

染めながら髪を補修するバランス型白髪染め
「POLA グローイングショット カラートリートメント」は染める成分と補修成分がほどよく配合され、染めながら髪を補修できる、トリートメントタイプの白髪染め本来の機能をもった、バランスのとれた白髪染めトリートメントです。

評価

染毛力
A+
コスト
B+
成分
A+
カラー数
B
使い勝手
A
コスパはやや悪いが、全体のバランスもよく、POLAの安心感で使って見る価値あり。

詳しく見る

染まることを重視

多少のダメージは許容し、とにかくきちんと染めたい方へは、トリートメントタイプの白髪染めではなく、通常の白髪染めの利用をおすすめします。

染まり重視1

サロンドプロ
サロンドプロ 無香料ヘアカラー メンズスピーディ

特徴

早染め5分
におわず、ブラシでとかすだけの快適スピーディな白髪染め。

評価

染毛力
S
コスト
A
成分
C
カラー数
B
使い勝手
C
「サロンドプロ メンズスピーディー」はメンズ用白髪染めの定番アイテムです。医薬部外品の白髪染めなので、むらなく塗ればきれいに染まります。医薬部外品の白髪染めは匂いがするものが多かったですが、メンズスピーディーは極力においを抑えた作りになっています。
この商品の最大の特徴は、放置時間がたったの5分でOKというところです。通常、このタイプの白髪染めは15分から20分くらいの放置時間が必要ですが、5分でよいので、白髪染めの時間をできるだけ少なくしたいと思う人には向いています。
ただし、最近ムースタイプの白髪染めも多いなかで、2種類の薬剤を別々にブラシに取って塗るのは、ちょっとコツがいるのと、やや面倒なところがマイナスポイントか。

詳しく見る

染まり重視2

ホーユー
メンズビゲン ムースカラー

特徴

ムースで簡単ワンプッシュ
ムースタイプなので、髪に馴染みやすく、見えない部分も全体むらなく染めることができます。

評価

染毛力
S
コスト
A
成分
C
カラー数
B
使い勝手
B+
メンズビゲンもメンズ向けの白髪染めとしては定番商品です。医薬部外品の白髪染めなので、正しく利用すれば、きっちり染まります。「メンズビゲン ムースカラー」は薬剤がムースなのが特徴で、手にとって、髪全体になじませることで、比較的むらなく染めることが可能です。
放置時間は10分と「サロンドプロ」よりは長い時間ですが、それでも10分でOKなので、使い勝手としては悪くないでしょう。「メンズビゲン ムースカラー」もにおいは抑え気味になっていますので、それほど気にならいと思います。
後頭部など自分で見づらい場所にも白髪が多く、自分で塗らなければならいのであれば、こちらのムースタイプがおすすめです。

詳しく見る

染まり重視3

サロン ド プロ
泡のカラー・エクストラリッチ (白髪用)

特徴

ニオイがしない快適な使い心地
ニオイのない使い心地の白髪染め。髪にしっかり密着する濃厚泡で、気になる分け目も見えない後ろもムラなく染まります。混ぜる手間のないワンプッシュタイプで、残った分は次に使用できます。

評価

染毛力
S
コスト
A
成分
C
カラー数
A
使い勝手
B+
明確にメンズ用としている白髪染めはカラーバリエーションが少ないのが難点です。もっとカラー数が多い白髪染めを使いたい場合には、「サロン・ド・プロ泡のカラー・エクストラリッチ」をオススメします。カラーバリエーションは10色以上あり、微妙な色合いも表現可能です。ニオイも抑え気味で、またムースタイプのためムラなく塗れて使い易いのもうれしいところです。

詳しく見る

メンズ向けの白髪染めを選ぶ

メンズにオススメの白髪染めとして、髪・頭皮に優しいトリートメントタイプの白髪染め3商品と、染まり重視の白髪染め3商品をピックアップしてみました。
男性の場合、髪質が人によりかなり違うので、正直、どの白髪染めがしっくりくるのか、使ってみないとわからないことが多いです。数ある白髪染めの中で、どれを使えばよいか迷っている方に少しでもお役に立てれば幸いです。

評価の説明

S、A+、A、B+、B、C の6段階評価です。総合評価を決めるにあたり、成分、コスト、染毛力は配分を高めに評価しています。

項目の説明

  • 染毛力
    白髪を染める能力です。トリートメントタイプの白髪染めの場合、どの白髪染めも染める能力は大きくは異ならず、持続性をもってきっちりは染まらないことが多いですが、配合されている染料により多少評価を変えています。
  • コスト
    1本を通常購入した場合のグラム当たり単価が安いものほど評価が高くなっています。
  • 成分
    染める成分以外の成分で、髪・頭皮へのやさしさ、健康な環境にしてくれる成分をプラス評価しています。
  • カラー数
    カラーバリエーションの豊富さです。色数が多いほどプラスに評価しています。
  • 使い勝手
    多彩な使い方が出来るほどプラスに評価しています。「エフキュアヘアカラートリートメント」がプラスになっているのは、染毛後の色落ちが少ないためです。

スティックタイプ白髪染め ランキング

総合評価:A

Sastty
利尻白髪隠し

利尻白髪隠し

特徴

天然利尻昆布エキス配合
生え際や分け目の白髪にサッと塗って使える、タッチペンタイプので天然利尻昆布エキス配合の白髪かくしです。手袋やケープ等の準備もいらず、手を汚さず、手軽に白髪をかくせます。

評価

利尻ヘアカラートリートメントを販売している、Sasttyが販売している、利尻昆布成分配合のスティックタイプ版白髪染めです。成分は、ほぼ利尻ヘアカラートリートメントと同じで、日常的に利尻ヘアカラートリートメントを使っているのならば相性は良さそうです。カラーも3色展開で、スティック自体も他の商品と比べると、比較的使いやすく、値段もレフィーネより安いので、スティックタイプの白髪染めを探しているのならば、まずは利用してみたい商品です。

詳しく見る

総合評価:A

レフィーネ
リタッチカバー

レフィーネリタッチカバー

特徴

手軽に使える白髪かくし
手軽に使える白髪かくし。 洗い流し不要で使いやすい。ムラなく染まって速効サラサラに

評価

洗い流し不要で、比較的ムラなく染まり、乾くのも早いのでちょっとしたリタッチには使いやすい商品です。白髪染めにレフィーネを使っているなら、相性もよいのでおすすめですが、やや、値段が高いのが難点。

詳しく見る

総合評価:A

ラサーナ
ヘアカラースティック

ラサーナヘアカラースティック

特徴

幅広ブラシで生え際の白髪をサッと隠せる
2種類のフィルム成分を配合し、速乾性と耐水性を実現。髪をいたわるこだわりの美容成分を配合し、ヘアカラーをしながらダメージも補修します。また、シャンプー後も一部の天然色素成分が髪に残るので、使うたびに除々に白髪が目立ちにくくなります。

評価

幅広ブラシで短時間で塗れるそうだが、ブラシの扱いがけっこう難しく、それほど簡単には塗れない印象。しかし、染める能力としては、レフィーネと大差ない感じなのと、レフィーネと比べてだいぶ安いので、初めてスティックタイプの白髪染めを使うのならば、ラサーナヘアカラースティックを試してみるのがよいと思います。

詳しく見る

総合評価:A

シラガネーゼ
シラガネーゼ シラガネーゼ ポイントリッチカラ

シラガネーゼ シラガネーゼ ポイントリッチカラー

特徴

簡単に染められる白髪染め
お出かけ前や外出先でも簡単に使える洗い流さないタイプの白髪かくし「シラガネーゼ ポイントリッチカラー」が染毛力、密着力、ボリュームアップ力、トリートメント力がアップしてリニューアル。シラガネーゼ史上最高の使いやすさです!

評価

シラガネーゼポイントリッチカラーは、スティックタイプの白髪染めのとしては、かなり前から販売しているスティックタイプ白髪染めの定番商品です。リニューアルも何度か行っており、ある意味商品的にはこなれた感があります。染毛力は他の商品と比べて高いというわけではありませんが、定番ならではのこなれ感はあり、色も4色展開で、値段も安いので、スティックタイプ最初の1本としては、最適かもしれません。

詳しく見る

過大な期待は禁物

スティックタイプの白髪染めはあくまで、一時的な応急処置としてであり、スティックタイプの白髪染めをメインの白髪染めとして使うのは難しいです。
また、染まり具合も、すごく染まるというわけではないので、スティックタイプの白髪染めに過大な期待はしないほうがよいです。
とはいえ、簡単に染められるので、全体を染めるほどでもないときに、少し補修するという使い方であれば、問題なく使えます。

白髪染めランキング

白髪染めの評価

主にトリートメントタイプの白髪染めについて、染毛力、コスト、成分、カラー数、使い勝手の5項目を評価。それらを総合して、総合評価ランキングを作成しています。白髪染め探しの参考にしてみてください。

白髪染め総合評価ランキング

総合評価:S

ルプルプ
ヘアカラートリートメント

白髪染め ルプルプ

特徴

育毛にも配慮した白髪染め
ルプルプは、LPLPとタカラバイオ株式会社が共同で開発した、髪・頭皮へのやさしさ、ヘアケアを重視したトリートメントタイプの白髪染めです。

評価

染毛力
A+
コスト
A+
成分
A+
カラー数
B
使い勝手
A
保湿成分による頭皮へのいたわりから育毛ケアへという商品コンセプトは優れていて、また、コストパフォーマンスも初回購入の場合は、主要なトリートメントタイプの白髪染めの中では一番よいこともあり、総合評価は最も高く、おすすめの白髪染めです

詳しく見る

総合評価:S

POLA
グローイングショット カラートリートメント

特徴

染めながら髪を補修するバランス型白髪染め
「POLA グローイングショット カラートリートメント」は染める成分と補修成分がほどよく配合され、染めながら髪を補修できる、トリートメントタイプの白髪染め本来の機能をもった、バランスのとれた白髪染めトリートメントです。

評価

染毛力
A+
コスト
B+
成分
A+
カラー数
B
使い勝手
A
コスパはやや悪いが、全体のバランスもよく、POLAの安心感で使って見る価値あり。

詳しく見る

総合評価:A+

ナノエッグ
キラリカラートリートメントムース

特徴

「染める」にこだわった正統派白髪染め
「キラリ カラートリートメントムース」は白髪染め本来の機能である、「染める」にこだわった正統派白髪染めで、トリートメント効果はやや弱めです。

評価

染毛力
A
コスト
B+
成分
A+
カラー数
B
使い勝手
A
美髪効果は薄いが、染める能力は高いので、まずは自分に合うかどうか使ってみたい

詳しく見る

総合評価:A+

マイナチュレ
オールインワンケアカラートリートメント

マイナチュレ オールインワン カラートリートメント

特徴

オールインワンケアの白髪染め
「マイナチュレ オールインワン カラートリートメント」は白髪染め、スカルプケア、ヘアケア、エイジングケアが1本で実現できる、オールインワンタイプの白髪染めです。

評価

染毛力
A+
コスト
B+
成分
A+
カラー数
B
使い勝手
A
全体のバランスはよいが、定期購入がメインのため、まずは合うかどうか試してみたい

詳しく見る

総合評価:A+

Sastty
利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

特徴

利尻昆布が決め手
利尻昆布成分で頭皮に潤いをあたえつつ、白髪を染めるトリートメントタイプの白髪染めです。

評価

染毛力
A
コスト
A
成分
A+
カラー数
B
使い勝手
A
トリートメントタイプ白髪染めブームの火付け役として、シリーズ累計2000万本販売している定番の白髪染めです。利尻昆布成分(フコイダン)を含み、潤いを与えながら白髪を染めてくれます。一度は使ってみるべき白髪染めです。

詳しく見る

総合評価:A+

レフィーネ
ヘッドスパヘアカラートリートメント

レフィーネ ヘッドスパ

特徴

頭皮を癒しながら白髪染め
白髪染め成分とヘッドスパ成分をバランスよく配合。白髪を染めながら頭皮を癒せる白髪染めです。

評価

染毛力
A
コスト
A
成分
A+
カラー数
B
使い勝手
A
成分、染毛力、コストパフォーマンス、使い勝手、利用者の評判から判断すると、レフィーネヘッドスパは、トリートメントタイプの白髪染めの中では、トータルバランスが一番よい白髪染めといえます。レフィーネの商品であるということも、安心感を高めています。

詳しく見る

総合評価:A+

SARAVIO
くろめヘアカラートリートメント

白髪染め くろめヘアカラートリートメント

特徴

傷んだ髪を補修する白髪染め
痛んだ髪を修復するアミノとくろめ昆布成分で髪、頭皮には優しい白髪染めです。

評価

染毛力
A
コスト
A
成分
A+
カラー数
B
使い勝手
A
痛んだ髪を修復するアミノとくろめ昆布成分で髪、頭皮には優しい白髪染めです。染毛力は他の白髪染めよりはやや物足りない感じもしますが、頭皮のへ優しさはNO1かもしれません。髪、頭皮へのダメージが気になる人にはおすすめです。

詳しく見る

総合評価:A

ナチュリア
ナチュリア プラチナムヘアカラートリートメント

白髪染め ナチュリアプラチナカラー

特徴

プラチナ粒子で人気の白髪染め
「ナチュリア プラチナカラー」は、主にヘアケア製品の製造販売を手がける、株式会社アズスタイルが製造・販売しているトリートメントタイプの白髪染めで、長い間、販売ランキングの上位に入っている、人気の白髪染めです。

評価

染毛力
A
コスト
A
成分
B
カラー数
A
使い勝手
A
ナチュリアプラチナヘアカラーの最大の特徴は、8色のカラーバリエーションです。他のトリートメントタイプの白髪染めが、3〜4色が主流の中、8色のカラーバリエーションは、トリートメントタイプの白髪染め最大です。(レフィーネは7色バリエーション)さらに、色混ぜも可能なので自分好みのカラーを作ることができます。
カラーバリエーションに魅力を感じるなら、使ってみたい白髪染めです。また、ナチュリアプラチナカラーは商品の移り変わりの激しい、トリートメントタイプの白髪染めでは、ロングラン商品であり、固定ファンの多い白髪染めでもあります。

詳しく見る

総合評価:A

ラサーナ
ラサーナヘアカラートリートメント

特徴

白髪染めと美髪トリートメントを両立
「ラサーナヘアカラートリートメント」は白髪染め成分とトリートメント成分をバランスよく配合することにより、髪を染めながら美髪効果が期待できる、トリートメントタイプの白髪染めです。

評価

染毛力
A
コスト
B+
成分
A
カラー数
B
使い勝手
A
飛び抜けてよいところはないが、全体のバランスはよく、使って見るてもよい。

詳しく見る

評価の説明

S、A+、A、B+、B、C の6段階評価です。総合評価を決めるにあたり、成分、コスト、染毛力は配分を高めに評価しています。

項目の説明

  • 染毛力
    白髪を染める能力です。トリートメントタイプの白髪染めの場合、どの白髪染めも染める能力は大きくは異ならず、持続性をもってきっちりは染まらないことが多いですが、配合されている染料により多少評価を変えています。
  • コスト
    1本を通常購入した場合のグラム当たり単価が安いものほど評価が高くなっています。
  • 成分
    染める成分以外の成分で、髪・頭皮へのやさしさ、健康な環境にしてくれる成分をプラス評価しています。
  • カラー数
    カラーバリエーションの豊富さです。色数が多いほどプラスに評価しています。
  • 使い勝手
    多彩な使い方が出来るほどプラスに評価しています。

スティックタイプの白髪染めランキング

白髪染めをした後、きちんと染まっていない白髪を発見してしまった場合や、しばらく時間がたって生え際の白髪が目立ってきた、ということはよくあります。
分け目の白髪

そういう白髪は気にはなるのですが、もう一度白髪染めをしようかと考えても、全体に白髪染めをするのはちょっと面倒だしコストもかかるしどうしようかなと悩むことも多いと思います。

そんなときに便利なのが、スティックタイプの部分染め白髪染めです。スティックタイプで手を汚さず、かつ洗い流さなくていいので、お出かけ前に気になる白髪にサッとひと塗りすれば、白髪を目立たなくすることができます。常に白髪ケアをしたい方には必須のアイテムといえます。

そんなスティックタイプの白髪染めをランキング形式で評価してみましたので、購入時の参考にしてみてください。

スティックタイプの白髪染めランキング
商品名 順位 特徴
オリエンタルビューティ カラーフィットスティック

オリエンタルビューティ
カラーフィットスティック

1位 「オリエンタルビューティー カラーフィットスティック」は生え際や分け目の部分白髪にサッと塗るだけで、白髪をケアできるスティックタイプの部分白髪染めです。
使い方は簡単。ノック式で手を汚さずに白髪をケア、髪・地肌にやさしい成分を配合、洗い流す必要なし、使うたびに染まっていくタイプの部分白髪染めです。
使い勝手のよさが評価されて、通販番組「はぴねすくらぶ」で紹介されていることもあり、かなりのヒット商品となりました。
「オリエンタルビューティー カラーフィットスティック」のヒットによりスティックタイプの白髪染めがメジャーになったともいえる、スティックタイプ白髪染めの定番商品です。

■価格
1本バラ売りの場合は、2,730円、2本セットで4,980円となっています。
1本で、約50回は使えますので、およそ2ヶ月くらいはもち、コストパフォーマンスも悪くはありません。

白髪のある人なら、1本もっていて損はないオススメの商品です。まだ使ったことのない人はぜひ一度使ってみてその便利さを実感してみてください。
「オリエンタルビューティー カラーフィットスティック」のさらにくわしい情報は以下からどうぞ。

>> カラーフィットスティックの詳細 <<

利尻白髪かくし

利尻白髪隠し

2位 「利尻白髪かくし」はあの「利尻ヘアカラートリートメント」を販売している「自然派クラブ サスティ」から発売されたスティックタイプの白髪かくしです。
商品コンセプトは「利尻ヘアカラートリートメント」と同じで、無添加、天然利尻昆布エキス配合の白髪染めとなっています。染まり方も利尻ヘアカラートリートメントと同じで使うたびに染まっていくタイプです。髪、地肌に刺激を与える成分を使っていませんし、成分も利尻ヘアカラートリートメントと似ていますので、染めると同時に髪のケア効果も期待できます。
使い方は簡単で、スティックをノックして髪に塗るだけ。洗い流す必要はありません。
また、トリートメントタイプの白髪染めとして人気のある「利尻ヘアカラートリートメント」と同じサスティからの販売という安心感もあります。「利尻ヘアカラートリートメント」とセットで使うとなお効果的です。

■価格
1本バラ売りの場合、1本 2,980円、2本セットで 5,800円となっています。価格は「オリエンタルビューティー カラーフィットスティック」より高いですが、利尻ブランドなのでそのあたりは個人の好み次第かと思います。

商品のより詳しい情報については、以下からご確認ください。

>> 利尻白髪隠しの詳細 <<

シラガネーゼ ポイントリッチカラー

シラガネーゼ
ポイントリッチカラー

3位 「シラガネーゼ ポイントリッチカラー」は今回紹介している3商品のなかで、一番古くからある商品で、このスティックタイプという方式をメジャーにしたのは、「シラガネーゼ ポイントリッチカラー」です。

使い方は、「オリエンタルビューティー カラーフィットスティック」「利尻白髪隠し」と同じで、ノックして液をだして、髪に塗るだけ。洗い流す必要はありません。
染める成分も「オリエンタルビューティー カラーフィットスティック」「利尻白髪隠し」とそれほど変わらないので、白髪染めの効果もほぼ同じくらいです。
気になるところとしては、染める成分に「紫401」というタール系染料が配合されていることです。最近は自然派の流れから、タール系染料を使っていないことを売りにしている商品が多いなかで、今でも配合されているのは、少し前の商品というイメージはあります。

■価格
標準価格は、1本 3,360円と他の2商品と比較して高いのですが、いろんなサイトで販売されており、実売価格は安いところでは千円台後半から売られています。
安いのはいいのですが、販売価格があまりにまちまちなので、購入する側としてはちょっと迷ってしまうところもあります。
類似品のうわさもありますので、購入するのであれば「シラガネーゼ」の正規販売代理店である「アンドシェア」で購入するのが無難です。

>>シラガネーゼの詳細 <<

スティックタイプの部分白髪染めで、常に白髪ケアをして見た目の若々しさを維持したいですね。



白髪染め レフィーネ ランキング

白髪染め レフィーネ ランキング

株式会社スヴェンソンから発売されている白髪染め「レフィーネ」シリーズは、トリートメントタイプの白髪染めの中では最もメジャーブランドであり、白髪染め専門店だけあって、継続的に商品の改良、新商品の投入を行っており、ブランド力だけに頼らないユーザーの利便性を考えた商品展開をしています。

ここでは、そんなレフィーネの主要商品を比較し、各商品をランキング形式で紹介しています。レフィーネの商品はどれもよいのですが、あえて順位をつけてみました。
「レフィーネもたくさん商品があってどれがいいのかわからないなぁ」と思っている方も多いと思いますが、このランキングを参考に自分に合いそうな白髪染めを探してみてください。

レフィーネランキング
商品名 順位 特徴
レフィーネヘッドスパ
レフィーネ
ヘッドスパ
1位 レフィーネヘッドスパはレフィーネをベースにホノライト、バニリルブチル、メントールなどヘッドスパ成分を配合し、白髪染めと同時に頭皮も癒すという新たしいコンセプトの白髪染めです。
白髪染めだけでなくヘッドスパ効果のプラスαがあることと、コストパフォーマンスが高いこと、そして詰め替え用リフィルも用意されていて、ユーザーの利便性を考えた商品であるため1位としました。
ネット上の口コミランキングでもレフィーネ製品の中では一番上位になっています。
レフィーネを始めて使う人にも、今まで使っていた人にもおすすめできる商品です。
レフィーネ
レフィーネ
2位 もともとは「レフィーネエコパック」として「レフィーネ」の簡易版として発売されていましたが、主要商品が「レフィーネヘッドスパ」に変わったことで、「レフィーネ」として販売されるようになった商品です。中身は以前のレフィーネと変わっていませんが、容器を簡略化しコストパフォーマンスを最大限に高めた商品として位置づけられています。グラム単価は 9.3円であり、他のトリートメントタイプの白髪染めと比較しても抜群のコストパフォーマンスです。
デメリットとしては、簡易容器のため、利用時に適量を出すのが難しいという点があります。しかし、中身はトリートメントタイプの白髪染めとして実績のあるレフィーネなのとコストパフォーマンスの高さを評価し2位としました。
コストが安いことから、この商品が気に入っているのであれば、利用してみたい商品です。
泡のレフィーネ
泡のレフィーネ
3位 レフィーネの泡タイプです。泡なのでクリーム状のレフィーネより使いやすく、特に生え際へのは塗りやすいです。クリームタイプよりムラなく塗れるので、白髪が多めの方には適しているといえます。
そして、隠れた特徴として「泡のレフィーネ」は他のレフィーネより染まりやすいと感じている方が多いです。
「泡のレフィーネ」は他のレフィーネと髪を染める成分配合が少し違い、髪を染める成分が少し多めに入っているためだと思われます。実はレフィーネの中でも高性能な商品であり3位としました。
欠点としては、カラーが1色(ダークブラウン)しかないことと、コストパフォーマンスが悪いことです。
コストパフォーマンスとカラーバリエーションが気にならなければ、一番のおすすめ商品です。
モーニングレフィーネ
モーニング
レフィーネ
4位 モーニングレフィーネの最大の特徴は、白髪染めを塗った後、洗い流す必要がないことです。朝出かける前に塗って、夜に家に帰ってきてから洗い流せばよいというコンセプトで作られているため、「朝専用」のキャッチコピーがついています。洗い流さなくてよいので、白髪染めをする手間が格段に簡単になります。
似たような使い方をする白髪染めとしては、「光で染める白髪染め」がありますが、モーニングレフィーネは光に当たる必要はありません。他にはないコンセプトの商品であり4位としました。
白髪染めになるべく時間をかけたくない、という人に向いている商品です。

レフィーネランキングいかがでしたでしょうか。1位はレフィーネヘッドスパ。現在はレフィーネの主力商品だけあって、ヘッドスパ効果も期待できる成分配合、詰め替え用ボトル制の採用など新たな工夫がされている商品です。
そして、3位の泡のレフィーネは、以前からある商品ですが、実はかなりの高性能。ただし、コストパフォーマンスとカラーバリエーションが難点なので、その点が気にならなければおすすめのレフィーネです。

どれもそれぞれ特徴がありますので、いろいろ試してみてお気に入りのレフィーネを探してみてください。


トリートメントタイプの白髪染め評価ランキング

トリートメントタイプの白髪染めの各ポイントを評価して表形式にまとめてみました。

トリートメントタイプの白髪染め評価ランキング
商品名 総合
評価
染毛力 コスト 成分 カラー数 使い
勝手
白髪染め ルプルプ
ルプルプ
A+ A+ A+ A+ B A
白髪染め POLAグローイングショット カラートリートメント
POLAグローイングショット
A+ A+ B+ A+ B A
白髪染め ラサーナヘアカラートリートメント
ラサーナヘアカラートリートメント
A+ A+ B+ A B A
キラリ カラートリートメントムース
キラリ カラートリートメントムース
A+ A B+ A+ B A+
レフィーネヘッドスパ
レフィーネ
ヘッドスパ
A+ A A A+ B A
利尻ヘアカラートリートメント
利尻ヘアカラー
トリートメント
A+ A A A+ B A
レフィーネ
レフィーネ
A+ A A+ A+ A A+
白髪染め エフキュア
エフキュアヘアカラー
トリートメント
A B+ B+ A+ B A+
くろめヘアカラートリートメント
くろめヘアカラー
トリートメント
A B+ A A+ C A
白髪染め カラー・ド・ボーテ グレイスクラス
カラー・ド・ボーテ グレイスクラス
A A A A+ A A
シュアカラー
シュアカラー
A B+ B A+ B A+
DHC Q10美容液 カラートリートメント
DHC Q10美容液
カラートリートメント
A A A A B A
ナチュリアプラチナカラー
ナチュリア
プラチナカラー
A A A B A A
カバーグレイプレミアム
カバーグレイ
プレミアム
B+ A B A B A
玉髪
玉髪
B+ B+ B B B A

評価の説明

S、A+、A、B+、B、C の6段階評価です。総合評価を決めるにあたり、成分、コスト、染毛力は配分を高めに評価しています。

項目の説明

  • 染毛力
    白髪を染める能力です。トリートメントタイプの白髪染めの場合、どの白髪染めも染める能力は大きくは異ならず、持続性をもってきっちりは染まらないことが多いですが、配合されている染料により多少評価を変えています。
  • コスト
    1本を通常購入した場合のグラム当たり単価が安いものほど評価が高くなっています。
  • 成分
    染める成分以外の成分で、髪・頭皮へのやさしさ、健康な環境にしてくれる成分をプラス評価しています。
  • カラー数
    カラーバリエーションの豊富さです。色数が多いほどプラスに評価しています。
  • 使い勝手
    多彩な使い方が出来るほどプラスに評価しています。「エフキュアヘアカラートリートメント」がプラスになっているのは、染毛後の色落ちが少ないためです。