OZIO ビューティーヘアカラートリートメント | 口コミだけではわからない!本当の白髪染めランキング OZIO ビューティーヘアカラートリートメント – 口コミだけではわからない!本当の白髪染めランキング

OZIO ビューティーヘアカラートリートメント

総合評価:

ozio ビューティヘアカラートリートメント

簡単にヘアカラー

OZIO ビューティーヘアカラートリートメントは化粧品・サプリメントの専門通販サイト「OZIO」で販売されているトリートメントタイプの白髪染めです。

多彩な美容エキスと天然色素で美しい髪へ

「OZIO ビューティーヘアカラートリートメント」は販売サイトではあまり強調されていいないものの、多くの美容、髪の補修、保湿の成分を含んでおり、成分配合としては、ちょっと目を引く白髪染めになっています。

多彩な美容成分と染毛成分をバランスよく配合

成分

水・グリセリン・ジメチコン・パルミチン酸エチルヘキシル・ペンチレングリコール・ミリスチルアルコール・ベヘニルアルコール・ステアラミドエチルジエチルアミン・ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)・ホホバ種子油・ジアルキル(C12-18)ジモニウムクロリド・ヒアルロン酸Na・ヒドロキシステアリン酸水添ヒマシ油・HC青2 ・(ジメチルアクリルアミド/メタクリル酸エチルトリモニウムクロリド)コポリマー・ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル・ポリクオタニウムー7・イソプロパノール・クエン酸・ジ(カプリル酸/カプリン酸)PG・塩基性青99・フェネチルアルコール・HC黄4・4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール・ジラウロイルグルタミン酸リシンNa・ゲラニオール・PPG-1トリデセス-6・エタノール・リナロール・酢酸リナリル・(C10,11)イソパラフィン・酢酸フェネチル・オレイン酸ソルビタン・ムクロジエキス・ローズ油・BG・ウイキョウ油・オイゲノール・チョウジ油・セリン・ツバキ油・パンテノール・水溶性アナトー・スクワラン・ログウッドエキス・センブリエキス・加水分解ケラチン・加水分解シルク・ムラサキ根エキス・ポリクオタニウム-51・ローズマリー葉エキス・豆乳発酵液・クチナシエキス・加水分解コラーゲン・加水分解コンキオリン・ローヤルゼリーエキス・ウコンエキス・褐藻エキス・カキタンニン・DPG・カプリル酸グリセリル・三リン酸5Na・乳酸・乳酸Na・フェノキシエタノール

OZIO ビューティーヘアカラートリートメントの成分特徴

  • ジラウロイルグルタミン酸リシンNa
  • スクワラン
  • ヒアルロン酸Na
  • 褐藻エキス
  • ジラウロイルグルタミン酸リシンNa
  • 「ジラウロイルグルタミン酸リシンNa」は旭化成が開発した髪の補修成分で、髪への浸透性が高く、また、浸透後に流失しにくいため、より効果的な補修が可能と言われています。この成分はくろめヘアカラートリートメントにも含まれています。

  • スクワラン
  • スクワランは深海鮫の肝臓から採れる肝油の主成分(スクワレン)を加工し、酸化しにくい状態にしたもので、肌のうるおい成分として有名です。

  • ヒアルロン酸Na
  • 今となっては、言わずと知れたヒアルロン酸Na。保湿に有効な成分です。今では多くの化粧品に含まれています。

  • 褐藻エキス
  • 昆布やモズクなどの褐藻類のエキスです。褐藻エキスは保湿・保水効果に優れていることから、最近では多くの白髪染めにも配合されるようになりました。
    代表的な白髪染めとしては、利尻ヘアカラートリートメントがあります。

成分のポイント
配合成分をやや大げさとも思える表現でアピールしている白髪染めが多い中、この「OZIO ビューティーヘアカラートリートメント」はなんとも控えめに表現されていて、成分内容についてはほとんど触れられていないのですが、成分を1つ1つ見ていくと、髪の補修、保湿・保水、頭皮のケアを考えた成分がバランスよく配合されています。

OZIO ビューティーヘアカラートリートメントの染める成分

  • HC青2、HC黄4
  • 塩基性青99
  • 4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール
  • ログウッドエキス

染める成分は、「塩基性染料」「HC染料」と「4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール」というトリートメントタイプの白髪染めとしては、多くあるパターンの組み合わに加えて、ヘナと並ぶ天然の染毛剤「ログウッドエキス」が配合されています。
また、HC染料、塩基性染料等の染毛成分は成分の表記順が比較的上位に表記されているため、他のトリートメントタイプの白髪染めより多めに配合されていることが予想されます。(化粧品の場合、成分の配合率が多い順に表記します)

組み合わせとしては、「利尻ヘアカラートリートメント」「ルプルプ」「レフィーネヘッドスパ」等と同じですが、配合率の違いと「ログウッドエキス」の追加で染める能力は高いと思われます。

コストパフォーマンスは普通

1本購入時のコストパフォーマンス
販売価格 内容量(g) グラム単価
3,000円2,700円(10%OFF) 200g 13.5円

内容量 200g で定価は 3,000円ですが、実売は 10%OFF の 2,700円で販売されています。
また、今なら「ビタナリッシュクリームミニ(10g)」プレゼント中です。

カラーはベーシックな3色

■ソフトブラック ■ダークブラウン  ■ライトブラウン

カラーバリエーションはブラウン系の3色です。

使い方は他のトリートメントタイプの白髪染めと同様

シャンプー後に、「OZIO ビューティーヘアカラートリートメント」をトリートメント代わりに使います。使い方としては、トリートメントタイプの白髪染めとしては一般的な使い方です。
標準の待ち時間は、「OZIO ビューティーヘアカラートリートメント」をつけて、10分放置です。

OZIO ビューティーヘアカラートリートメントの口コミ

販売箇所が少ないこともあり、現時点では評価できる十分な口コミ情報がありません。

意外と染まる期待とOZIOブランドの安心感

他のトリートメントタイプの白髪染めと少し違う染毛剤の成分配合率で、染まりは期待できます。とは言うものの、トリートメントタイプなので染まり具合は人によってばらつきは出るとは思います。
また、OZIOの化粧品を愛用している方も多いと思いますが、OZIOが出している白髪染めということで、商品に対する安心感はありますね。

Top